トヨタ車体株式会社グループ

会社情報

Company

ホーム > トピックス

トピックス

オゾンによる新型コロナウイルスの不活化が確認されました。

2020/5/27

2020年5月15日、奈良県立医科大学が世界で初めて標記効果を実証し、発表しました。

(画像クリックで再生)

■実験内容

気密ボックス内(アクリル製)に新型コロナウイルスを入れ、オゾンガスで曝露し、その不活化効果を確認する。

■実験結果

※奈良県立医科大学 令和2年お知らせ(2020/05/14)より引用(クリックで表示)

1.CT値330(オゾン濃度6ppmで55分曝露)では、

  1/1,000~1/10,000まで不活化。

2.CT値60(オゾン濃度1ppmで60分曝露)では、

  1/10~1/100まで不活化。

※CT値・・・オゾン濃度(ppm)×時間(分)

上記条件では、新型コロナウイルスをオゾン曝露から1時間で最大で1万分の1にすることができることが実証されました。

 

■当社での使用事例

・従来よりお使いいただいているユーザー様の使用事例をご紹介いたします。

事例1)保育園

 ・幼保連携型認定こども園 しおさいこども園さま(クリックで表示)

   機種:おぞんだっしゅツイン60 × 14台

事例2)飲食店

 ・天ぷら 光村様(クリックで表示)

   機種:おぞんだっしゅツイン60 × 1台

その他事例はこちら

製品一覧はこちら

トピックス一覧
ページの上部へ